体の硬さと腰痛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体の硬さには5種類あった!

体の硬さは5種類



「体が硬い」という人はひとくくりにされがちですが、
実は5つに大きく分類できることを知っている人は少ないようです。



前屈は全然できないのに、開脚はできる人や
エビぞりは上手なのに腕がうまく上がらない人などがいるのは
そのためです。


まずはあなたがどのタイプなのかを知ることで
今後の体の硬さ対策が変わるかもしれませんよ。


チェックの仕方はこちら


タイプ1「腰が硬い」

仰向けに寝て脚をまっすぐに伸ばします。両足をそろえた状態で
ゆっくり垂直にあげてみましょう。

この時のポイントはお尻を床につけたままでいること。
そして足を顔の方に近づけます。


<チェックポイント>
膝を曲げずに足を顔に近づけることができる 5点
ななめ45度以上引き寄せることができる  4点
ちょうどななめ45度くらい        3点
ななめ45度以下しか引き寄せられない   2点
90度くらいしか引き寄せられない     1点



タイプ2「肩(肩甲骨)が硬い」

最初に右腕を上から、左腕を下から背中にまわします。
その状態で握手ができるか、チェックです。

次に左右の腕を替えて「やり易い方」「やりずらい方」などの
違いがある場合は硬い方を基準にしてください。


<チェックポイント>

両指が組める              5点
指先は触れることができる        4点
あと5センチで届きそう!        3点
あと10センチ以内で届きそう!     2点
指先同士が10センチ以上離れてます   1点



タイプ3「足首」

つま先を前にして、足を肩幅に広げて立ちます。
両腕を前に出し、肩の高さで止めたまま、ゆっくりとかかとを
床に付けたまましゃがみます。

<チェックポイント>

かかとを床につけたまま、30秒以上背中を立てられる   5点
かかとを床につけたまま、背中を立てられる        4点
かかとは床につけられるけど、背中を立てられない     3点
かかとが床から3センチ以内浮いてしまう         2点
かかとが床から3センチ以上浮いてしまう         1点



タイプ4「背中」

うつぶせの状態で両手のひらをを胸のあたりの床に置きます。
足はそろえておきます。ひじを伸ばしながら上半身を上に反らせます。

両手で床をおしながら顔をあげて目線を真上から後ろに
もっていくようなイメージで。

<チェックポイント>

30秒以上無理なく目線を後ろにもっていける   5点
目線を後方に20秒キープできる         4点
目線を後方に10秒キープできる         3点
上体をキープしつつ目線を真上にできる      2点
目線を真上にするのが精いっぱい         1点



タイプ5「股関節」

両足を前に出して座り、少しずつ開脚をしながら両手を前に
伸ばし、前屈をしてみてください。

<チェックポイント>

脚が90度以上開き、お腹・胸・あごが床につく  5点
脚が90度以上開き、腕だけ床につく       4点
脚が90度以上開き、両手で足首をつかめる    3点
脚が90度に開き、ひざより前にてが届く     2点
脚が90度開かない               1点



どれも1点から3点に当てはまった場合、
その箇所が硬いといえます。



ちなみに私の場合、股関節と背中と腰が硬く、
肩甲骨と足首がやわらかいという結果になりました。




読んでいただき、ありがとうございました!
読んだよ☆のしるしに下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです



にほんブログ村 病気ブログ 椎間板ヘルニアへ






スポンサーサイト

福辻式にだまされた?

福辻式だまされた?
福辻式にだまされた?


20代前半からぎっくり腰気味だったのですが
この数年の育児で悪化させてしまい、
ついに椎間板ヘルニアになってしまいました。



思えば年子の出産で無理な体勢での抱っこも多かったし
2人目は切迫早産の自宅安静や入院での絶対安静で
寝たきりだったのに筋力を付ける努力を全くしていなくて…
反省しきりです。



まさに加齢と運動不足で体を硬くする典型的なパターンですよね。



椎間板ヘルニアになってからというもの、痛みで
ほとんど歩けずにハイハイでトイレまで移動したり
食事の支度ができなかったりと散々家族に迷惑をかけてきました。



子供たちに抱っこをせがまれても「腰が痛くて抱っこできないの」
「…ごめんね」を言わなければならないことが何よりもつらかったです。



そして悪いことは重なるもので、同じ年に夫や義父までも次々と腰痛で
ダウンすることになってしまい、我が家の医療費はどんどんかさんでいきました。



1年に1回のメンテナンスだったカイロプラクティックも
半年に1回、3か月に1回と期間が短くなっていき、
椎間板ヘルニアと診断される直前には週に2回などと
ありえない頻度で通うことになるのです。



こんな生活はもう嫌なので、テレビや雑誌でも
よく取り上げられているアスカ鍼灸治療院の福辻鋭記先生による
「福辻式腰痛改善ストレッチ」に挑戦してみることにしました。



1回6000円のカイロプラクティックを夫婦で1回受けた
金額と同じ位なので、だまされたと思って頑張ってみます。




腰痛改善ストレッチ「福辻式」



読んでいただき、ありがとうございました!
読んだよ☆のしるしに下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです



にほんブログ村 病気ブログ 椎間板ヘルニアへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。