スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメトークの腰痛い芸人

アメトークの腰痛い芸人





以前放送された『アメトーーク!』に腰痛い芸人というのがありました。


出演者は以下の8人(平均年齢37.5歳)

鈴木拓(ドランクドラゴン)、土田晃之、世界のナベアツ、
千原せいじ、ヒデ(ペナルティ)、庄司智春(品川庄司)、出川哲朗、
木村明浩(バッファロー吾郎)、そして司会の宮迫博之も(笑)



体を張った企画に挑戦したり、立ちっぱなし、
座りっぱなしのことが多い芸人さんの職業病なんですね




バッファロー吾郎の木村さんが、越中芸人の回での体に合わない
椅子の上で苦悶の表情を浮かべたVTRがあったのですが、
必死にましなポジションを探したり、落ち着きなく姿勢を変える
様子が本当に痛々しくも笑ってしまいました。



お尻をずらす、少し横を向く、浅く座る、深く座る、時には立つこともある。
ポジショニングを制することが腰痛との付き合いには欠かせません。



宮迫さんはじっとしてたら腰が痛いので、ずっと小さく動きながら
(ダンスをしながら)お皿を洗うらしいです。



ところで、筋肉芸人でもある庄司さんの筋肉はやっぱり
実用ではなくて見せ筋肉なんでしょうね。



筋トレの前にストレッチだってやっているでしょうし…
そっちの謎が今となっては気になります。



あの筋肉自慢が相手の腰と自分の腰をかばいながらの
ソフト相撲が一番面白かったです。



腰痛なんて早く治しちゃってお仕事に専念できるといいですね。




読んでいただき、ありがとうございました!
読んだよ☆のしるしに下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです



にほんブログ村 病気ブログ 椎間板ヘルニアへ

コメントの投稿

秘密

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。