スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体の硬さには5種類あった!

体の硬さは5種類



「体が硬い」という人はひとくくりにされがちですが、
実は5つに大きく分類できることを知っている人は少ないようです。



前屈は全然できないのに、開脚はできる人や
エビぞりは上手なのに腕がうまく上がらない人などがいるのは
そのためです。


まずはあなたがどのタイプなのかを知ることで
今後の体の硬さ対策が変わるかもしれませんよ。


チェックの仕方はこちら


タイプ1「腰が硬い」

仰向けに寝て脚をまっすぐに伸ばします。両足をそろえた状態で
ゆっくり垂直にあげてみましょう。

この時のポイントはお尻を床につけたままでいること。
そして足を顔の方に近づけます。


<チェックポイント>
膝を曲げずに足を顔に近づけることができる 5点
ななめ45度以上引き寄せることができる  4点
ちょうどななめ45度くらい        3点
ななめ45度以下しか引き寄せられない   2点
90度くらいしか引き寄せられない     1点



タイプ2「肩(肩甲骨)が硬い」

最初に右腕を上から、左腕を下から背中にまわします。
その状態で握手ができるか、チェックです。

次に左右の腕を替えて「やり易い方」「やりずらい方」などの
違いがある場合は硬い方を基準にしてください。


<チェックポイント>

両指が組める              5点
指先は触れることができる        4点
あと5センチで届きそう!        3点
あと10センチ以内で届きそう!     2点
指先同士が10センチ以上離れてます   1点



タイプ3「足首」

つま先を前にして、足を肩幅に広げて立ちます。
両腕を前に出し、肩の高さで止めたまま、ゆっくりとかかとを
床に付けたまましゃがみます。

<チェックポイント>

かかとを床につけたまま、30秒以上背中を立てられる   5点
かかとを床につけたまま、背中を立てられる        4点
かかとは床につけられるけど、背中を立てられない     3点
かかとが床から3センチ以内浮いてしまう         2点
かかとが床から3センチ以上浮いてしまう         1点



タイプ4「背中」

うつぶせの状態で両手のひらをを胸のあたりの床に置きます。
足はそろえておきます。ひじを伸ばしながら上半身を上に反らせます。

両手で床をおしながら顔をあげて目線を真上から後ろに
もっていくようなイメージで。

<チェックポイント>

30秒以上無理なく目線を後ろにもっていける   5点
目線を後方に20秒キープできる         4点
目線を後方に10秒キープできる         3点
上体をキープしつつ目線を真上にできる      2点
目線を真上にするのが精いっぱい         1点



タイプ5「股関節」

両足を前に出して座り、少しずつ開脚をしながら両手を前に
伸ばし、前屈をしてみてください。

<チェックポイント>

脚が90度以上開き、お腹・胸・あごが床につく  5点
脚が90度以上開き、腕だけ床につく       4点
脚が90度以上開き、両手で足首をつかめる    3点
脚が90度に開き、ひざより前にてが届く     2点
脚が90度開かない               1点



どれも1点から3点に当てはまった場合、
その箇所が硬いといえます。



ちなみに私の場合、股関節と背中と腰が硬く、
肩甲骨と足首がやわらかいという結果になりました。




読んでいただき、ありがとうございました!
読んだよ☆のしるしに下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです



にほんブログ村 病気ブログ 椎間板ヘルニアへ






コメントの投稿

秘密

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。