腰痛の芸能人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメトークの腰痛い芸人

アメトークの腰痛い芸人





以前放送された『アメトーーク!』に腰痛い芸人というのがありました。


出演者は以下の8人(平均年齢37.5歳)

鈴木拓(ドランクドラゴン)、土田晃之、世界のナベアツ、
千原せいじ、ヒデ(ペナルティ)、庄司智春(品川庄司)、出川哲朗、
木村明浩(バッファロー吾郎)、そして司会の宮迫博之も(笑)



体を張った企画に挑戦したり、立ちっぱなし、
座りっぱなしのことが多い芸人さんの職業病なんですね




バッファロー吾郎の木村さんが、越中芸人の回での体に合わない
椅子の上で苦悶の表情を浮かべたVTRがあったのですが、
必死にましなポジションを探したり、落ち着きなく姿勢を変える
様子が本当に痛々しくも笑ってしまいました。



お尻をずらす、少し横を向く、浅く座る、深く座る、時には立つこともある。
ポジショニングを制することが腰痛との付き合いには欠かせません。



宮迫さんはじっとしてたら腰が痛いので、ずっと小さく動きながら
(ダンスをしながら)お皿を洗うらしいです。



ところで、筋肉芸人でもある庄司さんの筋肉はやっぱり
実用ではなくて見せ筋肉なんでしょうね。



筋トレの前にストレッチだってやっているでしょうし…
そっちの謎が今となっては気になります。



あの筋肉自慢が相手の腰と自分の腰をかばいながらの
ソフト相撲が一番面白かったです。



腰痛なんて早く治しちゃってお仕事に専念できるといいですね。




読んでいただき、ありがとうございました!
読んだよ☆のしるしに下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです



にほんブログ村 病気ブログ 椎間板ヘルニアへ

嵐の二宮和也さんも腰痛

嵐の二宮和也さんも腰痛





テレビで見ない日はない人気者の嵐ですが、
二宮和也さんが腰痛持ちだということはご存じでしょうか。



昔から座骨神経症で腰を痛めやすかったそうです。



体も…ちょっと硬そうですね(笑)



猫背気味で姿勢が悪いからなのか、腰の調子が悪いから
あの姿勢になってしまうのかは分かりませんが、
代役のいない芸能人という仕事をプロ根性でこなしている姿は
ファンでなくても尊敬してしまいます。



2009年7月18日(土)~8月11日(火)、
東京グローブ座にて上演された舞台「見知らぬ乗客」の時は
7月25日フジテレビのFNS26時間テレビの出演もあり、
その時点でかなり調子が悪く、楽屋でうずくまっていたとか。



舞台の共演者荒川ヒロキさんのブログ(現在ブログは存在しません)
にも「腰の痛みで大変そうだった」書かれていたそうです。



本人も以下の通りラジオや雑誌などで腰痛の辛さを告白していました。



「腰を痛めちゃったの、僕にとっては大事件で…。
働き過ぎって言われてもしょうがないよね。やるしかないんだから。
もともと腰は弱くて。ちっちゃい頃にバク転しすぎたのか、
10代から坐骨神経痛だった。」



「病院に行ったら、女の子より筋肉の線が細いって言われた。
女の子より弱いなんてすごいショックだった。
鍛えなきゃいけないと思ってWii Fit購入です。」



「コンサートとかで、両手を(大きく)振るフリとかをした
4曲後ぐらいにはもう、めちゃめちゃ痛い」



など、ストイックな彼がこんなに弱音を吐くんですから、
よほど辛かったのでしょう。



VS嵐の時は二宮君だけ座布団を敷いて座っていて、
横にいるリーダーの大野君が腰をさすってくれるそうです。



やっぱり嵐って素敵なグループですね^^





体を柔らかくして腰痛改善




読んでいただき、ありがとうございました!
読んだよ☆のしるしに下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです



にほんブログ村 病気ブログ 椎間板ヘルニアへ

和田アキ子も腰痛持ち

和田アキ子も腰痛もち




美人でミステリアスな歌姫のイメージから一転、
ぶっ飛んで壊れてしまったキャラクターで世間を騒がせている
歌手の鬼束ちひろさんとのバトルが記憶に新しいのは
「ゴッド姉ちゃん」こと和田アキ子さん。




現夫との結婚直後に子宮がんを患い、子宮を全摘出したり、
歌手の命である声帯ポリープの手術を2回、2011年には
シェーグレン症候群という難病を患っていると公表するなど、
次々と襲ってくる病と闘っている印象があります。



和田アキ子さんも腰痛(椎間板ヘルニア)持ちとして有名ですよね。
椎間板ヘルニアについてはレーザー手術も3回されているようです。



それから腰痛治療のためにわざわざ長野の治療院まで
足を伸ばしているようなので情報通の芸能人でさえあれこれ
試しても完治が難しい病気であることがわかります。




目に見える傷があるわけでもないし、本人にしか分からない
感覚も痺れも腰痛経験のない人には理解してもらえないですし…。




大病院だと長い間待たされた挙句、レントゲンだけみて
話も聞いてもらえず「痛み止めを出しておきますから」で
済まされてはたまったものではありません!



どうせ受診するなら実際に腰痛を経験して克服したお医者さんや
治療院の先生に診てもらいたいです。




読んでいただき、ありがとうございました!
読んだよ☆のしるしに下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです



にほんブログ村 病気ブログ 椎間板ヘルニアへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。